メディア
media

新聞

10月6日 上越タイムスに掲載されました!短時間、多様な働き方を提案

2022.10.06


[クリックして画像を拡大]


社会福祉法人みんなでいきるでは、さまざまな職員がさまざまな時間で、さまざまな働き方をしている。
実際、夜勤専従の職員や、パートタイム雇用でダブルワークをしている職員、デレワークで事務作業をしている職員など、多様な勤務形態がある。

今回、特別養護老人ホームサンクスレルヒの森で実施する短時間就労の取り組みは、さらに柔軟な働き方を提案するもの。
通常勤務の職員を配置しつつ、午前7時30分から午後8時までの間は、1回2時間から6時間の勤務を組み合わせ、短時間就労の場をつくる。

同法人は「より短い時間であれば、働くことが可能な方が、この地域には多くいるのではないか。社会福祉法人として、さまざまな方の活躍の場を用意したい。」と考え、今回の試みを通じて「環境面などの課題で長時間就労が難しかった方に、ぜひ活躍してもらいたい。」と期待する。

業務内容は、試行的に食事介助と入浴介助の二つに特化しているが、将来的には他の業務にも拡大していく予定。
短時間就労を続ける中で、通常勤務への変更や正社員への登用も可能。
同法人は「ご自身に合った働き方を見つけてください。」と話している。


■求人説明会を実施

介護パート職員の求人説明会を8、9の2日間、上越市の高田城址公園オーレンプラザ内スタジオで開く。
時間は両日とも午前10時から午後6時まで。施設の写真展も同時開催。